工務店選びで失敗しないためのコツとは?相場やローンなどの基本についても紹介

工務店で家を建てる際に知っておきたいコツはいくつもあります。
まず、失敗したいためには十分にお店選びをしておきましょう。
はっきりいってお店選びがすべてといっても過言ではないことも。
他にも、予算が多ければそれだけ一気に建てられる物件の種類も増えてきますから、できればローンなどを利用して利用可能な資金を増やしておくと良いでしょう。
利率も昨今では有利ですから、絶対に利用しておくことをおすすめしておきます。

工務店選びで失敗しないためのコツとは?相場やローンなどの基本についても紹介

工務店で家を建てるコツは何よりも工務店選びです。
工務店選びには時間がかかってきますが、うまく良い工務店を見つけられれば一気に満足度が高い物件が建てられるようになってきます。
だからこそ最初は時間をかけでもいくつかのお店に見積もりをお願いすると良いでしょう。
他にも、重視する点を早めに決めるのもありです。
地下室を設けたい、鉄筋コンクリート造にしたい、といったように重視するポイントを決めておけばより満足度が高くなってきます。

工務店とは総合的な工事を請け負う業者のことを指す

住宅を購入するときは大手のハウスメーカーか地域の工務店にするか迷うことがありますが、両者の違いはどこにあるのでしょうか。
大手のハウスメーカーは全国に支店や拠点があるのでどこでも対応し、それぞれの会社によってこだわりや特徴を持っています。
多くの社員がいて企業内で営業や設計など分担して業務を行い、時には施工は下請け会社に委託をするところもあります。
一方工務店とは、ハウスメーカーのように宣伝もしていません。
地域のフリーペーパーやチラシで宣伝するくらいの、地域密着型の小規模な会社がほとんどです。
大手の会社のように社員がたくさんいて仕事を分担するというより、少人数の社員がそれぞれ営業周りをしたり顧客宅に出向いて査定をしたり相談に乗ったり、設計や施工まで賄っているところがほとんどです。
つまり工務店とは総合的な工事を請け負う業者のことで、少人数でもすべての業務を一貫して自社でできる建築業者です。
一人一人の社員が、どんな業務も専門的に行うことができるというわけです。

工務店とハウスメーカーの相場の違い

一般的な相場としては、工務店とハウスメーカーでは工務店の方がばらつきがあるケースが多いです。
これは、工務店の方が細かな部分まで注文を行うことができるためです。
ハウスメーカーは、大手のブランド力を盾にサービスを提供していることが多く、サービスがシステム化していることが大半です。
例えば、全国展開している店舗であるのならば、誰が利用してもわかりやすいようにマニュアルが存在しますので、そこで相談を行えば一定以上の品質で住宅設計を行うことができます。
ただ、一定以上のレベルに終始しますので細かな部分まで行き届くわけではありません。
全体的なバランスを考慮して値段も設定しますので、ここに違いが生まれます。
工務店の場合は、顧客ごとに対応が全く違いますし、店舗によってもサービス内容がかなり異なります。
その地域に根ざしてサービスを提供していますので、小規模経営が大半です。
そのため、真摯に相談に乗ってくれたり中には格安で提供してくれるところもあります。

住宅ローンを組む際にアドバイスをしてくれる工務店

注文住宅の依頼先の一つでもある工務店は、ハウスメーカーと比べると規模は小さいのですが地元に密着した事業展開を行っていることからも地域の事情や気候風土などを熟知しているため、今まで住んでいた場所とは異なる地域で家づくりをしたい人にも最適なアドバイスを貰えるメリットや魅力があるのではないでしょうか。
また、工務店独自の技術があるので個性的な家づくりをしたい人にも向いていますし、地元の金融機関との付き合いもあるので住宅ローンを組むときのアドバイザー的な役割も持ち合わせています。
注文住宅の家づくりは、土地を探してから家を建築して貰う依頼先を決める、このような流れになって来ますが、土地の購入代金や建築費用はそれぞれ支払先が異なるので頭金と融資を併用して行うときなどお金の流れが良く分からない、このような悩みを持つ人も多いといえます。
地元に密着した工務店の場合、地元不動産会社や金融機関との付き合いもあるのでローンについてのアドバイスも貰えるメリットもあります。

優良な工務店を見極めるためのポイント

優良な工務店では、比較がしやすいポイントが存在します。
それは、その地域の特性を活かした対応ができるかどうかです。
工務店が他の住宅メーカーと違うのは、その周辺地域に造詣の深いサービスを提供していることが多いという点です。
例えば、汎用性が高く一定以上の品質を求めたサービスを利用したいのならばハウスメーカーの方が良いです。
ハウスメーカーにはマニュアルがありますので、全国どこであっても良質なサービスを受けられるようにシステム化しているためです。
ですから、ただ単純にプランで一定のレベルにあるサービスを利用したいときにはハウスメーカーが向いています。
反対に、工務店はその地域の特色を理解したサービスに特化して注文を請け負っています。
その地域の地盤はもちろんですが、土地の価格や利便性、交通アクセスなどクライアントの細かな要求や質問に答えられるだけの準備がなくてはいけません。
優良な会社は、そのための準備があるため非常にわかりやすいです。

著者:筧幸信

筆者プロフィール

東京都世田谷区生まれ。
結婚をきっかけに夢だったマイホームを購入。
自分の家づくりの体験談をネットに公開しています。
東京でおすすめの工務店